草むしりも庭木の伐採も剪定も怠り厳禁!【思いがけない被害】

周囲に迷惑をかけないうちに早めの手入れを

草むしりをしないとどうなる?

草むしりや庭木の伐採、剪定などをせずにいると、様々な問題が発生してしまいます。マンションのような集合住宅だと、住民や近隣住人など多くの人に被害を与えてしまう恐れがあります。では、具体的にどのような危険性や被害があるのでしょうか。

庭木の剪定に最適な時期

草むしりや庭木の剪定、そして伐採などの作業は建物の景観を綺麗に保つだけでなく、様々なトラブルを未然に防いでくれる効果があります。マンションの管理をしているという方は、住民や近隣住民と良好な関係を築きそれを維持するためにも、十分な手入れを行なうようにしましょう。

マンションの景観を今以上に美しくするためには、剪定がオススメです。庭木を綺麗に整えることができ、素晴らしい景観に仕上がります。そこで、剪定を行なうのに具体的な時期を紹介します。

庭木の剪定をするのに適した時期は、常緑樹の場合6月と10月が、針葉樹の場合春頃と10月、落葉樹の場合11〜3月頃です。これらはいずれも萌芽が一段落する時期や枝葉の伸びが止まる時期にあたります。ただ、花を咲かせることを意識している場合は、花芽の形成時期に注意するようにしましょう。

TOPボタン