庭木の伐採や剪定における注意点

周囲に迷惑をかけないうちに早めの手入れを

木の伐採や作業を行なう際に知っておきたいこと

業者に依頼すれば、庭木の伐採や剪定、草むしりなどの作業を滞り無くしっかり済ませてくれます。ただ作業を行なう場所がマンションの庭のような広い場所となると、大掛かりな作業となるので気を付けなければならないことがあります。伐採作業は特に注意が必要です。

木の伐採をする上で注意しておくべきこと

木の伐採作業を行なう場合は、作業スペースを十分に確保し、その上で庭木が倒れる方向を緻密に計算する必要があります。そうしないと近隣の敷地内や自分のいる方向に庭木を倒してしまう恐れがあるからです。また、作業をする際は作業服を着用することはもちろん、安全靴や防振手袋などを装備するようにしましょう。

安全対策を怠ったために起きたトラブル

落下した木が隣の家に……(40代/男性)

自分が管理しているマンションには、建物の周囲に植木が生えているのですが、その数本がかなり伸びていたので自分で伐採してみることにしました。倒れる方向をしっかり計算しなかったため、隣の戸建住宅の庭のほうに倒れてしまい、庭の石垣や樹木に被害を加えてしまいました。

木の伐採をする際はお祓いも忘れずに

日本では、初詣や地鎮祭、お墓参りなど、昔から目に見えないものへの信仰を大事にしてきました。自然への畏敬の念もとても強く、特に木に対しては「精霊が宿る」と言われてきました。そのため、庭木の伐採をするときはお祓いやお清めなどを欠かさない人や業者は少なくありません。これらはお神酒や盛り塩を使って簡単にできる行為なので、伐採をする際はやっておくとよいでしょう。

庭木の剪定方法について

庭木の剪定の方法は実に様々です。業者に作業を依頼する前に、剪定の具体的な方法をここで勉強しておきましょう。

マンションの庭木もスッキリ綺麗に!業者が行なっている剪定方法

業者が行なう剪定は、大きく3つの方法に分かれます。「夏季剪定」、「冬季剪定」、「刈り込み」の3つです。夏季剪定と冬季剪定は文字通り名称に記されている時期に行なわれます。夏季剪定は生長しすぎた枝葉を切り形状を整えるために、そして冬季剪定は春に備えて不要な枝を切り落とすために行ないます。刈り込みは庭木全体を均一に刈り取るやり方で、角形や球形などに整えることが多い傾向にあります。刈り込みに関しては、特に行なう時期というのが決まっていません。 業者に依頼することで、庭木の伐採や剪定などの作業がスムーズかつ安全に行なえます。安全面を考慮したいという方も仕上がり具合を優先させたいという方も、業者に相談してやってもらうことをオススメします。

TOPボタン